プロフィールとこれまでの歩み

日本の高度成長期を支えた物づくりの一員としてこれからも
段ボールを含めたパッケージツールを提供して参ります

プロフィールとこれまでの歩み

日本の高度成長期を支えた物づくりの一員としてこれからも段ボールを含めたパッケージツールを提供して参ります

会社概要

会社名 日本紙工株式会社
創業/設立 1949年6月 / 1954年6月
資本金 40,000千円
事業内容 段ボールケース製造・紙器・各種包装資材卸売
代表者 取締役会長 岸上 啓一 取締役社長 中口 康
住所 〒597-0093 大阪府貝塚市二色中町10-1
電話番号 / FAX番号 072-432-0001 / 072-437-0001
主要得意先 京阪神地域を中心に約400社
主要仕入先 国際紙パルプ販売株式会社 旭洋株式会社 他
取引銀行 三菱UFJ銀行/岸和田支社 りそな銀行/貝塚支店 日本政策金融公庫/堺支店
所属団体 西日本段ボール工業組合 貝塚商工会議所 大阪商工会議所 大阪府経営合理化協会
工場規模 敷地面積約10,300平米 工場面積約8,000平米※鉄筋コンクリート総2階建
主要設備 三菱重工コルゲートマシンU-6型、フレキソグルアー2基、フレキソダイカッター2基、トムソン他多数
会社の主な経歴
1949年 6月 大阪市住吉区にて大阪連合紙器として中口亀次郎により創業
1954年 6月 資本金1,500千円で法人改組
1961年 8月 大阪府泉大津市に主力工場増築・稼働
1963年12月 コルゲートマシン導入、段ボールシート自製化
1964年 6月 資本金を10,000千円に増資、社名を日本紙工(株)とする
1971年 3月 泉大津工場増築、QCサークル活動導入
1976年 9月 大阪府品質優良企業の認定受ける
1982年 6月 資本金を40,000千円に増資
1986年 1月 岸和田市に臨海工場設立、トムソン稼働
1995年 5月 貝塚市二色中町に新工場建設、工場機能を集約、三菱製U型コルゲータ稼働
2005年 4月 梅谷製作所製フレキソグルア印刷機を導入
2008年 3月 環境方針・規定を制定、ISO14001の認定受ける
2010年 2月 フレキソグルア印刷機を梅谷製作所製にさらに更新
2012年 8月 フレキソダイカッタ印刷機を梅谷製作所製に更新
2017年 8月 シート搬送器・スタッカー設備更新、高速化対応

写真ギャラリー

  • 現工場 貝塚市二色の浜産業団地

  • 工場内部(コルゲートマシン棟)

泉大津池浦工場創立の頃(1960年代前半)

  • 増築後の本社建屋と内部(1970年代前半)

  • 増築後の本社建屋と内部(1970年代前半)

  • 泉大津工場内部(工程)

  • 泉大津工場内部(工程)

増築後泉大津工場全景(1970年代前半)

  • QCサークル発足の頃(1971年)

  • 会社創立30周年記念式典(1979年)

  • 創業時の会社案内

  • 創業時の会社案内

会社案内(1970年代)

  • 会社案内(1980~1990年代)

  • 会社案内(1980~1990年代)