トップページ > 製造・取扱商品

段ボールケース リサイクルの優等生でもあるbPパッケージツール

段ボールとは、波形に成形した中しん原紙の片面又は両面にライナーを貼り合せたもので、次の4種類があります。(JIS Z 0108 包装用語)

片面段ボール 1枚のライナーに、波形状に成形した中しん原紙を貼り合わせたもの
両面段ボール 片面段ボールの段頂に、ライナーを貼り合わせたもの
複両面段ボール 両面段ボールの片側に、片面段ボールの段頂を貼り合わせたもの
複々両面段ボール 複両面段ボールの片側に、片面段ボールの段頂を貼り合わせたもの
片面段ボール 両面段ボール 複両面段ボール 複々両面段ボール

段ボールに使用されるライナーと中しん原紙の品質はJISで規定されています。
(JIS P 3902 段ボール用ライナー、JIS P 3904 段ボール用中しん原紙)

 段ボールの波形部を構成する段(フルートともいいます)には色々な種類があります。現在、次の3種類の段がJISで規定されています。(JIS Z 1516 外装用段ボール)。

JIS Z 1516の規定 参考
段の種類 記号 段の数(30cm当り) 段の高さ(mm)
A 段 AF 34±2 約4.5〜4.8
B 段 BF 50±2 約2.5〜2.8
C 段 CF 40±2 約3.5〜3.8
A段 緩衝性と垂直圧縮強さに優れており、輸送用の外装箱に最も多く用いられています。
B段 平面圧縮強さに優れており、内容物が潰れにくい商品の外装箱に用いられています。
C段 欧米では外装箱の主流として用いられていますが、日本ではあまり使われていません。
※E段やG段などの贈答箱などに使われている2mm以下の小さな段には、JISの規定はありません。
 段ボール箱は、用途によって次の3つに分類されます。
個装用段ボール箱 消費者の手元に渡る最小単位の物品を包装する段ボール箱。
内装用段ボール箱 個装をまとめ、それを保護するために用いる段ボール箱。
外装用段ボール箱 主に輸送用に用いる段ボール箱。

段ボール箱(段ボールケースとも呼びます)は、その中に梱包される商品を、輸送、保管、展示、荷扱い時の振動、衝撃、積上げなどから保護するために、個々の商品の特性に合わせて設計され、所定の寸法に裁断された段ボール(段ボールケースと区別して段ボールシートとも呼びます)に、印刷、切り込み、打ち抜き、接合などの加工を施して作られます。


            日本紙工ではあらゆる段種・形状・紙質の段ボールケースが生産可能です



              
 

・ケース(各種形式・フルート)は自社内のコルゲートマシンと印刷機他のマシンにより一貫生産
 ・100%ケース生産、直接ユーザー販売。小ロット多品種に即応できる生産体制・配送網を構築
 ・防湿・耐水や緩衝設計にも応じた段ボールケースを提案営業

パッケージツール 紙器や化成品を用いて商品の保護と彩りを


        

・紙 器(ギフトケース)、ラベル他装飾品
 ・各種包装資材  PPバンド・各種テープ・化成品 (PE袋・スチロール・発泡樹脂製品 プチプチ等) 紙管・紙袋・クラフト紙 ・プラ段・プラコン包装機械 梱包機・結束機 等

段ボール応用製品販促用POPスタンド・ツール、物流パレット


      
 

・POP(商品展示台・ツール)緩衝材・段ボール製パレット